必見!IT求人応募に役立つトピック

応募者の年齢と経験の有無

求職者の年齢は、IT求人の案件に応募するか否かを検討する上で、重要なファクターになるでしょう。
この業界では、ビジネス経験の豊富さや専門的な能力の高さが大きく問われることとなります。
そのような意味合いからすると、もしも、同じように未経験の応募者を採用するのであれば、安い人件費で雇用することの出来る、年齢の若い人を選ぶのは当然のことと言って良いでしょう。
また、若年層のスタッフであれば、採用してから社内で教育をほどこして、将来にわたって活躍してもらうことの出来る時間が、多く残されているというアドバンテージもあります。
その辺りの事情から、経験の有無によって、異なる採用者の年齢的な制限を設けているIT関連企業は少なからず見受けられるようです。
また、「経験」という言葉の意味を、額面通りに解釈していたのでは、この業界では通用しないケースが少なくありませんので、注意する必要があります。
例えば、パソコンスクールへ通ってプログラミングなどの勉強をしたり、一般的な事務作業をおこなうオフィスで、WordやExcel、PowerPointなどといったMicrosoft Officeのアプリケーションソフトを使った作業に取り組んだりしたというのは、たいしたアピールポイントには成り得ないケースが多いようです。
それどころか、中途半端な経験や能力を履歴書に書き込んだり、面接試験で人事担当者にアピールしたりすると、かえって悪い印象を与えて、不採用となってしまう可能性も低くはないということです。

Copyright (C)2018必見!IT求人応募に役立つトピック.All rights reserved.